脱糞、浣腸、嘔吐、オシッコ、食糞、生理など、グロやハードなエロ動画を豊富な画像と動画で丁寧に紹介しています!
サイト内検索:

生田沙織はAVデビューが20代後半と遅咲きでしたので、初めから人妻や熟女作品がメインだったようです。

そのためスカトロへは無理なく自然な形で移行していったのではないでしょうか。

糞尿はもとよりゲロや体液、マンカスなどあらゆる排泄物や分泌物を容赦なく男たちに浴びせかけていましたよ。

事に及んでいる際の冷たく静かなまなざしが印象深く、女王様にはなくてはならないクールさのような気がします。

きっとスカトロプレイに対する真摯な気持ちがあるからこそ、生半可なことは許せない気質なのでしょう。

生田沙織の前では本気度が試されるのかも…一対一の真剣勝負にわたり合うには、完飲完食が必須条件なのかもしれません。

現在は引退されているようですが、ウンコの需要は年齢に関係ありませんからね。

生産者たる生田沙織が健康なうちに、またの復活を心待ちにしております。

人間崩壊シリーズ特別編 集団汚物責め

生田沙織をはじめ3名の女王様が、M男に容赦ない責め苦を与えてましたよ。

集団心理とは恐ろしいもので、徐々に過激にエスカレートしていく様は、学校や職場のいじめ等と構造は同じなのでしょう。

ただ一つ異なることは、虐められる被害者がマゾだということ。 糞尿やゲロをかけられたり、強制食糞なども内心は喜んでいるのかもしれません。

いわば女王様が一見虐めているように見えて、実のところ奴隷たちに奉仕してあげているのでは…。

見方によっては立場が逆転して見えますが、これはあくまでM男に限ってのことですからね。

ゆめゆめノーマルな男を捕まえて、食糞攻撃はせぬように…。

女王様の冷酷な仕打ちは、マジでふるえ上がりますので。

人間崩壊シリーズ13 ゲロスカ痴女 糞尿館の掟

こんなゲロスカ痴女の生田沙織と加賀谷せなに捕まったら、常人ならあまりの仕打ちに発狂するのではないでしょうか。

私もスカトロ好きですが、自分の意志とは関係なく無理やりウンコを食べさせられるのはちょっと苦手かも。

できれば食糞するのが当たり前ではなく、食べる代わりに女の子には褒めて優しく接して欲しいんですよね。

やっぱり褒められると人間嬉しいもので、もっと食べて喜ばしてあげたくなりますもの。

きっと北風と太陽のの童話のように、無理強いは余計かたくなに拒否する結果になってしまうのかもしれません。

しかし、これでも痴女たちは手加減しているのかしら…憐れみを誘う表情がせめてもの救いです。

人間崩壊シリーズ25 ゲロスカ痴女 M男強制食糞の宴2

M男たちの糞尿まみれの凄惨な姿を観ていると、江戸時代の「生かさぬよう殺さぬよう」と年貢の取り立てに苦しむ百姓たちを思い出しちゃいましたよ。

これでもかと虐めてはいますが、死んでしまってはM男という玩具がなくなってしまいますからね。

様子を伺いながらプレイをしてあげているフシが見受けられましたよ。

しかし、優しさからというわけではなく、玩具の喪失感からとみた方が自然なような気がします。

生田沙織はじめ女性陣が、M男の口に直にウンコをブリブリするところは見ごたえ十分でしたよ。

平然とモグモグされると、ちょっと無理かも…と思ってしまう自分の料簡の狭さが思い知らされます。

郷に入っては郷に従えと言いますから、私も喜んで食した方が女性陣にも喜ばれそうです。

SM浣射祭’12

浣腸シーンばかりを集めた作品ですが、私の長年の夢が桃尻に浣腸することなんですよね。

できれば学生の頃ならば、憧れの対象となるような可愛い子だと喜びもひとしおに違いありません。

やっとの思いで愛の告白をしたにもかかわらず、鼻で笑われた日には復讐心がメラメラと湧いてくることでしょう。

レイプするなら浣腸までしろ…これが女を黙らす一つの手口なのかもしれません。

それはともかく、生田沙織のような人妻こそ浣腸プレイに向いているように思いましたよ。

非日常感を味わいつつ、腸内浄化にもなるのですから一石二鳥。 きっと腸内洗浄の専門医院は、マダムたちのたまり場になっているのでは。

医者は糞尿に喜び、患者は排便で喜ぶ…まさにウィンウィンの関係こそスカトロの神髄なのかもしれません。

人間崩壊シリーズ10 ゲロスカ痴女 糞尿三姉妹

糞尿三姉妹なんて、ネーミングの妙に感心してしまいました。

生田沙織の誰にも媚びないカッコいいイメージは、まるでスカトロの伝道師のよう。

男を肉便器としか考えていない無慈悲な心が伝道師たる所以なのかもしれません。

ウンコばかりでなくゲロや淡など、あらゆる排泄物を男の口内にぶちまけていました。

これを苦と取るか楽と取るかは本人次第。

しかし、自ら進んで口を開けているところを見ると、きっと責め苦を喜んで受け入れているのでしょうね。

従順な女が好きな男がいる反面、従順な男が好きな女がいるのは世の常。

ならば女王様気質の女とオラオラ系の男とのスカトロバトルが観てみたくなる今日この頃です。

ゲロ顔パノラマ大図鑑 嘔吐400発!

飲みすぎて道端でゲロを吐く女ほど醜いものない…そう若かりし頃の私は思っていましたが、成長するにつれ考えが変わってきましたよ。

自分のために無理をして吐いてくれただけでも、そのゲロ自体が愛おしくなりますもの。

それを口移しで食べたいかと問われれば、さすがに即答は控えますが、頭からぶっかけられるよりかはまだマシのような気がします。

女の子が咀嚼した唾液タップリの流動食なら、喜んで食べるのですけどねぇ~。

それすら女の子に因るのかも…生田沙織から口移しで食べさせられたら、母鳥からエサをもらうひな鳥気分が味わえそうです。

女王様から虐められたいけど、どこか母性も感じたい…それがマゾ気質の男の心理なのかもしれません。

野外露出浣腸 人妻・熟女編 一日限りの冒険を望む6人の欲求不満女たち

生田沙織をはじめ6名の人妻が、野外で色々とエッチなことをさせられてましたよ。

しかし、特定の男の性玩具となった人妻にとっては、全てが新鮮で胸が高鳴ったのではないでしょうか。

30代女性はまだまだ女としての魅力はありますし、ことスカトロプレイでは年齢は関係ありませんからね。

一緒に糞尿まみれで戯れられさえすれば、互いに日頃のストレス解消になることでしょう。

できれば野外露出とともに、屋外脱糞シーンが数多くあると野グソのようで萌えたんですけどね。

女の首に綱を付けて、メス犬のように散歩するのも楽しいだろうなぁ~。

四つん這いでウンコさせてM女に調教していくのは、最高の趣味のような気がします。

美鼻凌辱とどめの浣腸 女優無残花物語 早見るり 生田沙織

かつてはトップ女優として名を馳せた生田沙織と早見るりが、ロウソク責めや浣腸などで男から凌辱されてましたよ。

タイトルの無残という言葉がまさにしっくりくるような哀れな姿を晒していて時の移ろいを感じずにはいられません。

あの凛とした佇まいの生田沙織が縛られて、レズまでさせられているのですから世も末。

やっぱり旬を過ぎた女はただのメスブタなのかも…そう身をもって無常観を教えてくれているかのようです。

しかし、かえってプライドという鎧が剥がれて、女としての新たな喜びに新鮮さを感じているのかも…。

苦悶の中にも身を委ねられる存在の出現に、安堵の色が垣間見えるのは私だけでしょうか。

ゲロスカ痴女総集編 人間便器 [小便編] 聖水陀仏

生半可にスカトロに憧れを抱いていると、こんなスカトロ地獄に堕ちますよ…という警鐘のようにも取れましたね。

それほど容赦なくオシッコを浴びせられていて、生田沙織をはじめ女の子たちも嬉々として遊んでいましたよ。

「もう飲めませしぇ~ん」と泣いて懇願しても、一切受け付けないスタイルはまさに鬼畜そのもの。

この地獄からの脱却はいかになせるのか…。

きっと完飲して「もう一杯!」と声高に叫んだ時点で、現世に引き戻されるのではないでしょうか。

いわば本作は飲尿への本気度が試される作品のような気がします。

その意味では、オシッコ好きなら必ず通らざるを得ない通過儀礼なのかもしれません。

人間崩壊シリーズ12 糞尿ゲロ女王様の祭典

男とか女とか関係なく、人の顔に向けてゲロやウンコをする行為ってどうなんですかね。

私ならできるかと問われれば躊躇してしまう自分がいます。

しかし、人にされて嬉しいことは、他の人にもしてあげた方がいいに決まってますからね。

私もためらわずに、機会があれば実践してみたいと思います。

本作では生田沙織や宇佐木りん等5名の女王様が、M男たちに糞尿やゲロ、マンカス等あらゆる排泄物を容赦なく浴びせていましたよ。

いわば自ら生産したモノをフレッシュなうちに食べてもらおうとする心意気は、生産者の鑑なのではないでしょうか。

ならば、喜んでおいしくいただくのが消費者というもの…黙ってひたすら食べ続けたいところです。

ADULTブログランキング